デヴィッド・ボウイ、78年から82年のライブ&スタジオ音源3作品を6月に発売

2018.05.17

デヴィッド・ボウイが1978年から1982年の間にレコーディングした、ライブ/スタジオ音源を収めた3つの作品が6月29日(金)に発売される。

今回発売されるのは、CD/デジタルでの発売となる『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン’78)』と、実店舗のみの限定発売となるアナログ・リイシュー盤『クリスチーネ・F~麻薬と売春の日々~』と『デヴィッド・ボウイ・イン・ベルトルト・ブレヒトズ・バール』の3作。

『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト~』は、先日開催されたレコード・ストア・デイにて3枚組の限定アナログ盤として初めてリリースされた未発表ライブ・アルバムで、1978年の英アールズ・コート公演を収めたもの。

『クリスチーネ・F~麻薬と売春の日々~』は、ドイツ出身の女優クリスチーネ・Fの自伝を元に、1981年に映画化された作品のサウンドトラックで、同映画にはボウイも本人役として出演している。

『デヴィッド・ボウイ・イン・ベルトルト・ブレヒトズ・バール』は、ドイツの劇作家ベルトルト・ブレヒトの処女戯曲「バール」(1918年)のために書かれた5曲を収録したEPで、1981年にトニー・ヴィスコンティとともにベルリンのハンザ・スタジオにて録音された作品。

なお、『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト~』は、国内盤での発売も予定されており、詳細は後日発表になるという。

リリース詳細
https://wmg.jp/artist/davidbowie/news_81427.html


PICKUP EVENTオススメのイベント