2017.06.16

G・バートン US引退ツアーを追ったショート・フィルム公開

5月29日から6月10日に渡って行なわれた、ピアニスト小曽根真氏とのツアーを最後に引退したヴィブラフォン奏者のゲイリー・バートン。

今年3月1日から全米8カ所で行なわれた全13公演のUS引退ツアーを追ったショート・フィルム『Retiring The Mallets』が米公共ラジオ局「NPR」で公開された。

本編は、バートン氏の「4年前に心肺停止を経験してからすべてが変わってしまった。回復するも完璧なピッチ(音程)が取れなくなってしまった」というコメントから始まり、ワシントンD.C.やニューヨーク、インディアナポリスでの公演を追いながら「妥協するのではなく、ピークの内に終わりたかった」など引退に対する想いや現在の心境を語った内容となっている。

『Retiring The Mallets』の映像はこちらから