2018.06.18

マーカス・ミラーが亡き父に捧げた新曲のパフォーマンス映像を“父の日”に公開

6月1日(金)に最新アルバム『Laid Black』をリリースしたマーカス・ミラーが、同作に収録されている、“亡き父”に捧げた楽曲「Preacher’s Kid」のスタジオ・パフォーマンス映像を、父の日(6月17日)に公開した。

2か月前に他界したというマーカスの父。曲名の由来は牧師の息子(Preacher’s Kid)であったマーカスの父に由来したもので、このパフォーマンス映像は父の日に公開するために温め続けていたという。

映像冒頭では、マーカス自身が父を振り返り「プロの音楽家だった父が自分たちを育てるために音楽家としての道を断ったことを後悔していないのか」などと語っており、また、マーカスが参加したマイルス・デイビス・バンドのコンサートに現れた誇らしい顔の父を見て「父のストーリーを自分が受け継いでいる」「父の夢を完成させることが自分の使命だ」と自覚したと語っている。

「Preacher’s Kid」スタジオ・パフォーマンス映像
https://www.facebook.com/MarcusMillerOfficialFanPage/videos/10157084801520190/

『Laid Black』リリース詳細
https://store.bluenote.com/collections/new-releases/products/marcus-miller-laid-back