ポール・サイモンが引退コンサート。故郷近くの“思い出の公園”で

2018.06.22

年内のツアーを最後に引退を表明していたポール・サイモンだが、その最後のステージが、米現地時間9月22日(土)、自身の故郷にほど近い米ニューヨーク州クイーンズ地区の公園「フラッシング・メドウズ・コロナ・パーク」にて開催されることが発表された。

アート・ガーファンクルとのユニット、サイモン&ガーファンクルとしても知られたサイモン。自身の引退理由については昨年12月にこの世を去ったリード・ギタリストでサイモンの友人Vincent N’guiniの死、妻や家族と離れた中でのツアーを楽しめなくなったことなどを挙げている。

同公演はサイモンのフェアウェル・ツアー(さよならツアー)「Homeward Bound – The Farewell Tour」の締め括りとしておこなわれるもので、最後のステージではキャリアを総括するセットを披露する予定だという。

声明でサイモンは「子供の頃、家からこの公園までは自転車で20分くらいで行けてね。この公園で最後のライブをするなんて、運命以上の必然だと感じているよ」とし「これは別れじゃなくて“さよなら”だよ。みんな僕と一緒に走ってくれてありがとう。本当に楽しかったよ」などとコメントを残している。

「Homeward Bound – The Farewell Tour」詳細
https://www.paulsimon.com/news/paul-simon-announces-homeward-bound-farewell-tour/

PICKUP EVENTオススメのイベント