カマシ・ワシントンのショート・フィルムが「サンダンス映画祭 2019」でプレミア上映

2018.12.04

カマシ・ワシントンが制作に関わったショート・フィルム『As Told To G/D Thyself 』が、来年1月24日から開催される「サンダンス映画祭 2019」(米ユタ州パークシティ)にてプレミア上映されることが発表された。

今年6月に発表されたカマシの最新作『Heaven&Earth』から着想を得たという本作。監督は、ブラッドフォード・ヤング、ジェン・ナルーら複数の映画人で構成されたチーム「Ummah Chroma」が務めており、カマシ自身も制作に関与。演出などの制作面で参画しているのか、カマシ本人が出演しているのか、現時点では明らかにされていない。

なお、本編の詳細は明らかにされていないが、現在本作のポスター・ビジュアルが解禁されており、ここでもカマシ・ワシントンと思しき人物が登場。なお、カマシのツイッターでは以下のコメントが添えられている。

「この1年を通して、幸運にも素晴らしい監督チームとともに僕のアルバムから着想した映画を作る機会に恵まれました。サンダンス映画祭で初上映できることを誇りに思います」