2019.09.06

ジャズメイア・ホーンがエラ・フィッツジェラルドの歌唱を解説&実演する動画を公開

ジャズメイア・ホーン

米ジャズ・シンガーのジャズメイア・ホーンが、故エラ・フィッツジェラルドの歌唱法(スキャット=“ドゥビドゥバ”などの歌詞のないフレーズ)と即興法を解説&実演する動画を米公共ラジオ局「NPR」で公開した。

同動画は、ジャズメイア・ホーンのコメントからスタート。

「エラ・フィッツジェラルドは、ジャズにおいて最も重要なシンガーのひとりです。それは彼女の即興技術とストーリーを伝える力にありました。彼女はメロディを歌うだけでなく、スキャットで楽器奏者のようにコード変化に対応しています」と、エラの魅力や功績を解説。動画の中盤からは、みずから歌唱しながらスキャット技術を披露する。

自身もスキャットを交えた歌唱を得意とするジャズメイア・ホーンだが、「彼女から影響を受けているけど、私と彼女は違う」とし、「時代は違うけど、私は彼女の遺した即興術を受け注いでいるの」と語っている。

動画の後半(2:50〜)では、ベースを交えてエラの楽曲「Blue Skies」を実演している。