ダイメ・アロセナ『Nueva Era』

文/渡利一典(TECHNIQUE)

2015.08.14

タイトル
Nueva Era
アーティスト
ダイメ・アロセナ
レーベル
Brownswood Recordings/Beat Records
発売日
2015.07.08

iTunes

ジャイルス・ピーターソンというシーンのキーマンから届けられた逸材、ダイメ・アロセナによるデビュー・アルバム。ジャイルス、ダイメのそれぞれの拠点であるロンドンとハバナを股に掛けてレコーディングされたこのアルバムは、ラテンはもとより、ジャズやソウルなどさまざまな表情をみせてくれる一枚だ。
昨年リリースされたキューバの音楽シーンの発掘企画シリーズ「Havana Cultura Mix – The Soundclash!」への参加でジャイルスの心を鷲掴みにした彼女。8歳から歌手活動を始め、14歳の時に在籍していたビッグ・バンドLos Primos時代には大御所ジャズ・トランペッターのウィントン・マルサリスとの共演経験もあり、22歳にして既に新人らしからぬ表現力豊かな歌声を持ち合わせている。
これまでにホセ・ジェイムズや、グレゴリー・ポーター、ザラ・マクファーレーン、ディグス・デュークといった魅力的なシンガーを発掘してきたジャイルスを魅了するだけあってダイメの歌声には人々を惹きつける強い魅力を感じ取ることができる。それはエラ・フィッツジェラルド、エリカ・バドゥからの影響を公言しているようにジャジーな面、ソウルフルな面を持ちつつも、ルーツにあるキューバの宗教サンテリアの音楽の要素も溶け込んだ神秘的な歌声だ。その個性的な歌声はどんなジャンルやスタイルの音楽でもダイメ色に染めてしまう。このアルバムは彼女が「本物」だということを証明してくれる。

トラックリスト

01.Madres
02.Drama
03.Sin Empezar
04.Don’t Unplug My Body
05.Dust
06.Come to Me
07.Crystal
08.El Ruso
09.Nino
10.Nueva Era
11.Cry Me a River

RANKING人気の記事

PICKUP EVENTオススメのイベント