ダイレクターサウンド『Into The Night Blue』

文/定成寛

2016.07.22

タイトル
Into The Night Blue
アーティスト
ダイレクターサウンド
レーベル
Yacca
発売日
2016.06.29

iTunesAmazon

イギリスのマルチプレイヤー、ダイレクターサウンドことニコラス・パマーの新作。2003年のデビュー以来6作目になる。ジャズ、エキゾチカ、映画音楽などさまざまな形容をされるが、本作のエッセンスは非常に明確だ。まず感じるのはカルロス・ダレッシオに近い映画音楽の感覚。ダレッシオが持っていた現代音楽のテイストに加えて、静かなフレンチポップのような、あるいはブラジルのMPBインストのような、静寂感を湛えたポップセンスがパマーの特徴だろう。そして極私的エキゾチカとでもいうべきプライベート・サウンド感覚。これこそが最も強力に感じられる。最小限のエフェクトとテクニックで並べられる各パートを聴いていると、1980年代初頭の日本のアンビエント系ニューウェイヴも思い出す。日本はもちろん世界的にもすっかり聴かれなくなった原初的なサウンドだが、あの時代に通じる無防備ですらある創作への意欲を持つ音楽家が2016年を浮遊していることに驚くような、嬉しいような…。

■IMPARTMAINT公式サイト
http://www.inpartmaint.com/site/16965/

トラックリスト

1. Once Upon an Ocean
2. Barracuda
3. Orchid Blue
4. Whispers in the Dark
5. Umbrellas of Beckholmen
6. i. Winter with Veronika
ii. Spring with Veronika
iii. Summer with Veronika
iv. Autumn with Veronika
7. Into the Night Blue
8. On a Boat to the Moon

PICKUP EVENTオススメのイベント