ラルフ・タウナー『My Foolish Heart』

文/熊谷美広

2017.03.10

タイトル
My Foolish Heart
アーティスト
ラルフ・タウナー
レーベル
ユニバーサルミュージック
発売日
2017.03.08

iTunesAmazon

アコースティック・ギターで独自の世界観を構築し続けているベテラン・ギタリスト、ラルフ・タウナーのソロ・アルバム。彼のトレードマークともいうべきナイロン弦の6弦ギターと、スティール弦の12弦ギターを駆使して、とても繊細で静かだが、その裏に熱い情熱を秘めているような演奏を聴かせている。決して弾き過ぎず、必要最小限の音で表現された音楽は、音と音との“隙間”も心地よく、楽曲を奏でるというよりも、自分の中から湧き上がってくる音たちを集めて、それをギターで紡いでいる、というような印象を受ける。タイトル曲以外は彼のオリジナル曲だが、クラシカルだったり、フォーク調だったりと、アコースティック・ギターという楽器の良さを活かした、ピュアなメロディを持ったものばかりだし、そしてなにより、ビル・エヴァンスの名演でも知られるタイトル曲の、1音1音を噛みしめるかのように奏でられていくギターのメロディが、この上なく美しい。

トラックリスト

  1. Pilgrim
  2. I’ll Sing To You
  3. Saunter
  4. My Foolish Heart
  5. DClarion Call
  6. Two Poets
  7. Shard
  8. Ubi Sunt
  9. Biding Time

RANKING人気の記事

PICKUP EVENTオススメのイベント