2018.02.22

impulse!レーベル移籍第一弾!シャバカ・ハッチングス率いる「サンズ・オブ・ケメット」が最新ALより音源公開

Photo/Pierrick Guidou

2月9日(金)に発売されたジャイルス・ピーターソン制作のコンピレーション・アルバム『We Out Here』で音楽ディレクションを務めた英サックス奏者のシャバカ・ハッチングス。

彼が率いる英ジャズ・バンド「サンズ・オブ・ケメット」が、3月30日(金)発売の最新作『Your Queen Is A Reptile』から「My Queen Is Harriet Tubman」の音源を公開した。

UK新世代ジャズ・シーンを牽引するプレーヤーによって構成された同バンドは、サックスのハッチングスとチューバ奏者のテオン・クロスをはじめ、トム・スキナーとエディ・ヒックによるダブル・ドラムという異色の編成。

これまで英インディ・レーベル「Naim records」より2枚のアルバムを発表している同バンドだが、3枚目のアルバムとなる本作は、impulues!(インパルス)移籍第一弾としてリリースされる。

なお、曲名のすべてに「My Queen Is …」と題された収録曲には、英国女王ではなく、奴隷解放や人種差別と戦った女性たちを祝す意図があるという(アルバム名の直訳は『お前の女王は嫌なやつ』)。

「My Queen Is Harriet Tubman」音源