“アビイ・ロードの内側”を収めた写真展がロンドンで開催。P.フロイドなどの写真も

2018.02.27

数々のロック・ミュージシャンの写真を収めてきた写真家ジル・フルマノスキが、英「アビイ・ロード・スタジオ」の裏側を収めた写真展『Inside Abbey Road Studios』を英ロンドンで4月に開催。

ピンク・フロイドのアルバム『Wish You Were Here(邦題:炎~あなたがここにいてほしい)』(1975年)以来、同スタジオのさまざまなレコーディング風景を収めてきたフルマノスキ。

スタジオ写真以外でも、これまでボブ・ディランやローリング・ストーンズ、ボブ・マーリー、ザ・ポリス、ビョーク、エイミー・ワインハウスなど、多くのアーティスト写真も手がけている。

今回の写真展のテーマとなったアビイ・ロード・スタジオは、1931年に英レコード会社EMIによって開設された録音スタジオで、これまでビートルズやピンク・フロイドなど、数々のアーティストの名作を輩出したことで知られる。当初の名称は「EMI Recording Studio」だったが、ビートルズ1969年のアルバム『アビイ・ロード』(同スタジオ前の車道をメンバーが横切るジャケットで有名)の大ヒットに敬意を表し、「アビイ・ロード・スタジオ」と改名された。

同写真展では、フルマノスキの膨大なアーカイブから集められた写真や版画をはじめ、ユニークな写真道具などを展示。日程は4月9日(月)から4月27日(金)。ロンドンの「バービカン・ミュージック・ライブラリ」にて開催される。

なお、同展は無料で入場することができるという。

イベント詳細
https://www.barbican.org.uk/whats-on/2018/event/inside-abbey-road-studios