「Sónar Festival」に坂本龍一とアルヴァ・ノトがコラボ出演! ノトの最新Mixも公開中

2018.03.01

6月14日から16日にかけてスペイン・バルセロナで開催される都市型フェスティバル「Sónar」の最終ラインナップが決定。そのなかで、カールステン・ニコライの名でも知られるドイツ人音楽家のアルヴァ・ノトと坂本龍一によるコラボ出演が発表された。

1994年にスタートした「Sónar」は今年で開催25周年。毎年6月、3日間にわたって開催される同フェスは、世界有数の都市型フェスティバルとして知られ、音楽はもちろん、さまざまな最先端のマルチ・メディア・アートに触れることができる。近年では世界の主要都市でも実施されており、ロンドンやニューヨーク、コペンハーゲン、サンパウロなどに加え、東京でも開催されている。

さまざまなアーティストが参加するラインナップには、坂本&ノトのほか、日本からはコーネリアス、アニメーション・ディレクターの森本晃司、ゲーム音楽コンポーザーの古代祐三と川島基宏などの出演も決定。

“年内3回のみ”とされている坂本とノトによるコラボ・ライブ。そのうちの1回となる今回の公演では、同フェス内の新作オーディオ・ビジュアル・ショウの会場「Two」のクロージング(トリ)を務める。

なお、先日(2月25日)には両者による即興ライブ録音作品『Glass』の日本盤が発売。また、アルヴァ・ノトは英『FACT』誌のMixシリーズ「FACT mix」にて自身の最新Mixを公開中で、こちらは無料で試聴できる。

 

「Sónar」公式サイト
https://sonar.es/

Alva Noto & Ryuichi Sakamoto『Glass』
http://www.inpartmaint.com/site/23168/

アルヴァ・ノト最新Mix