IKEAがレコードプレーヤー開発!? 北欧シンセ・ブランドと共同で音楽ハードラインをスタート予定

2018.03.10

世界最大級の家具量販店「IKEA」が、スウェーデン発のシンセ・ブランド「teenage engineering」と共同で、レコードプレヤーをはじめとした音楽ハードウェアの開発に着手していることがわかった。

「FREKVENS」と呼ばれるこのラインは「誰でもどこでも音楽パーティーが開ける」を目的に開発されたもの。共同開発社である「teenage engineering」は「OP-1」やポケットサイズのシンセ/ドラムマシン「pocket operatorシリーズ」などのヒット商品を手がける2005年創立の気鋭ブランド。

IKEAのプレスリリースでは「この製品にはエレクトリック・クワイアやレコード・プレーヤー、パーティー照明など、音楽パーティーを楽しむために必要なものすべてが揃っています」と書かれており、また「ナプキンやグラスを買いに行くように、IKEAで音楽を探せるようにしたかった」などと述べている。

現在、IKEAのインスタグラムでは製品のプロトタイプの画像が公開されており、公式ホームページでは「FREKVENS」のトレーラー映像も公開されている。

 

IKEAインスタグラム

「FREKVENS」トレーラー映像
https://goo.gl/F9JQFY


PICKUP EVENTオススメのイベント