小曽根真が紫綬褒章を授章。ジャズ・ミュージシャンでは7人目

2018.05.01

4月29日(日)に発令された平成30年春の褒章において、ジャズ・ピアニストの小曽根真が、ジャズ・ミュージシャンとして7人目となる「紫綬褒章」を受章した。

 学術・芸術・発明などに顕著な功績のあった人物に贈られる同章では、過去にジョージ川口、松本英彦、渡辺貞夫、穐吉敏子、山下洋輔、日野皓正も受章している。

 近年、小曽根はニューヨーク・フィルハーモニックとの共演盤のリリースをはじめ、国内外の主要クラシック・オーケストラとのコラボレーション、6月公開の河瀬直美監督の最新映画『Vision』の音楽を手がけるなど、ジャンルを超え世界規模で活躍。その活動が評価され、今回の受章に至ったという。

 この朗報を受け、小曽根は「この度は、思いがけずこのような褒章をいただき、驚きとともに喜びをかみしめています。これを励みにボーダーレスな世界をさらにクリエイトしていけるように頑張りたいと思います」とコメントしている。

平成30年春の褒章(PDF)
http://www8.cao.go.jp/shokun/hatsurei/30haru/meibo_hosho/hosho-13tokyo.pdf

関連記事

PICKUP EVENTオススメのイベント