2017.06.14

チック・コリアが殿堂入り

5月18日から20日にかけてフロリダ州タンパで開催された「国際ジャズ作曲家シンポジウム」(International Jazz Composers’ Symposium、ISJAC)にて、チック・コリアがホール・オブ・フェイム(名声の殿堂)入りを果たした。

当日のチックは、ドラマーのジョー・チェンバース(チックのデビュー作『トーンズ・フォー・ジョーンズ・ボーンズ』のドラマー)に呼び出されて登壇。その後、特別ゲストのランディ・ブレッカーらを交えて、即興演奏を披露したという。