UK新世代の雄カマール・ウィリアムス(a.k.a.ヘンリー・ウー)が自身の機材を動画解説

2018.06.29

UK新世代ジャズ・ユニット、ユセフ・カマールとしても知られる鬼才マルチ・インストゥルメンタリスト、カマール・ウィリアムズ(a.k.a.ヘンリー・ウー)が、自身の使用機材を紹介する約10分の動画『Kamaal Williams: The Keys of Wu』を公開した。

この動画では、今年5月にリリースしたデビュー・アルバム『The Return』でも使用したというカマールの機材に焦点を当て、カマールの実演も含めた映像を収録。

最新アルバムのストリングスにも使用したという「Nord Electro 4」、スムーズなサウンドでリードによく使用するという「Korg Micro Preset M500」、ローランド社の名機「Juno 106」、ウーリッツァーピアノ、「制作中に触れる機会がないので置いている」というグランド・ピアノなどが紹介されている。

また、機材の紹介とともに「ひとつのパッチからスタートしてコードを探すんだ」などと自身の作曲術にも触れるコメントも残している。

『Kamaal Williams: The Keys of Wu』