UK新世代のキーボーディスト、カマール・ウィリアムスが新作を発売

2018.12.06

近年、注目が高まる“UK新世代ジャズ・シーン”における人気キーボーディスト、カマール・ウィリアムスが、新曲2曲をフィーチャーした新作『New Heights / Snitches Brew』を自身のレーベル「Black Focus」から1月25日(金)に発売する。

別名義へンリー・ウー(Henry Wu)で、ハウスやブロークン・ビーツなどをプロデュースするビートメーカーとしても活動するカマール。今年5月にはカマール・ウィリアムス名義でデビュー・アルバム『The Return』をリリースしている。

また2017年には、盟友のユセフ・デイズ(ds)とのジャズ・ユニット、「ユセフ・カマール」で、英アワード「Jazz FM Award 2017」の年間最も活躍したアーティストに贈られる「Breakthrough of the Year」を受賞している。

最新作の収録曲「New Heights」では、英グループ、ダークハウス・ファミリーを共同プロデューサーに迎え、一方の「Snitches Brew」は、英人気ギタリストのマンスール・ブラウンをフィーチャーした楽曲となっている。

リリース詳細
https://kamaalwilliams.bandcamp.com/album/new-heights-snitches-brew