2019.05.28

中目黒のカセットテープ店「waltz」を舞台にカセットテープの魅力を語るラジオ放送

東京・中目黒のカセットテープショップ「waltz(ワルツ)」を舞台に、カセットテープ・カルチャーの魅力を語るラジオ番組『GOOD MUSICGUCCI PLACES』が放送される〈6月2日(日)19:0019:55/TOKYO FM)。

同放送には、waltzのオーナー角田太郎と、峯田和伸(銀杏BOYZ)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)が出演。世代の違う彼らが、現在進行形のカセットテープ・カルチャーやアナログ音源の魅力、未来のカセットテープの可能性など、デジタル時代に見直される旧メディアの魅力を語る。

GOOD MUSICGUCCI PLACES』 詳細
https://www.tfm.co.jp/gmgp/

waltzは、2015年8月に中目黒の住宅街の一角にオープンしたカセットテープやレコード、VHS、ラジカセ、国内外の雑誌のバックナンバーや書籍を販売するセレクトショップ。なお、同店については以前本誌でもインタビュー記事を掲載。