プリンスの90’s作品2タイトルと“幻のカセット”をCD/アナログ盤で再発

2019.08.07

プリンスが90年代後期に発表した2作品『イマンシペイション』、『カオス・アンド・ディスオーダー』と、“幻のカセット・テープ”『ザ・ヴェルサーチ・エクスペリエンス』が、9月13日(金)にCD/アナログ盤で再発される。

同3作は、廃盤となっているプリンスの95年以降の作品をCD/アナログ盤などで再発するプロジェクト「LOVE 4EVER」の第4弾として発売。

3時間の大作『イマンシペイション』

1996年に発売された『イマンシペイション』は、当時所属していたレーベルとの関係から解き放たれたプリンスが、自由を祝う形で自身のレーベルより発表した3時間におよぶ大作。

初回デジパック仕様、アナログ・レコードは特殊パープル盤仕様の6枚組。各ジャケットにはプリンスのアートワークが大きく描かれたものがスリップ・ケースに格納されるという。

最も不当な評価を受けた『カオス・アンド・ディスオーダー』

上記『イマンシペイション』と同じく1996年に発売された作品。当時所属レーベルとの“契約消化盤”と一部メディアやファンの間で囁かれていたものの、実際はレコーディングに4年の歳月を費やした力作。最も不当な評価を受けてきたアルバムだった。

幻のカセット『ザ・ヴェルサーチ・エクスペリエンス』

1995年夏にパリのファッション・ウィークで開催されたイタリアン・ブランド「ヴェルサーチ(現:ヴェルサーチェ)」のショーにて、来場者に無料で配布された幻のカセット。当時500本のみ生産された貴重な作品で、今年の「RECORD STORE DAY」で、“当時プリンスが選んだカセット”として完全生産限定で復刻され、話題を呼んだ。

同カセットには、(当時)発売前のアルバム『ザ・ゴールド・エクスペリエンス』に収録の「Gold」「I Hate U」、「P. Control」のリミックスのほか、ジャズ・フュージョン・プロジェクト「マッドハウス」やザ・ニュー・パワー・ジェネレーションの未発売音源などが収録。本作はフィジカル化に加え、デジタル配信も解禁されるという。

■リリース詳細
https://www.sonymusic.co.jp/artist/PRINCE/info/509124

関連記事