投稿日 : 2020.05.04

コルトレーンやモンクも!? 有名ジャズマンの出演CM あつめました

欧米のポップスターや映画俳優などが「日本のテレビCM」に出演することがありますが、ジャズミュージシャンも例外ではありません。特に1980年代はその全盛期。

たとえば、サントリーのCMにロン・カーターやハービー・ハンコックボブ・ジェームスらが登場し、マクセル(カセットテープ)のCMにはアル・ディメオラ。日立のビデオデッキでクインシー・ジョーンズ。パナソニックにはハンク・ジョーンズマイルス・デイヴィスは、三楽(焼酎)とTDK(カセットテープ)に出演。ロン・カーターにいたっては、先述のサントリーをはじめ、第一生命、ゼリア新薬工業、タリーズのCMにも出演しています。

じゃ、海外ではどうなの? ってことで、調べてみました。まずは北米を中心にオンエアされた“日本企業の海外CM”から。

マイルス・デイヴィス


ホンダのスクーター(1984年)のCM。

ハービー・ハンコック


カシオのキーボード「CT 650」のCM。1989年、北米を中心にオンエアされたもの。

ソニー・ロリンズ


1977年。オーディオ・システム(パイオニア)のCM。

さて、ここから先は完全にアメリカ企業のCM。まずは誰もが知るあの店(商品)から。

アル・ジャロウ


マクドナルド(1996年)のCM。共演者はシンガーのヴェスタ・ウィリアムス。かなりのハイテンションで“ビッグマック賛歌”を熱唱。この「ファストフード+スキャット」のパターンには、こんなのもあります。

エラ・フィッツジェラルド


ケンタッキーフライドチキン(1982年)のCM。横で歌っている女の子は、のちのシャニース(R&Bシンガー)ということでも話題に。ちなみに、エラ・フィッツジェラルドはこんなCMにも出演してますよ。



メモレックス(カセットテープ)のCM。
で、こっちはチャック・マンジョーネも出演。

 

さて、ここでちょっとレトロなものを。

ルイ・アームストロング


シェーファー(ビール)のCM。おそらく60年代中期。同じ時期、サッチモはこんなCMにも出演しています。

 

おままごと人形「スージー・キュート」のCM。一応、言っておきますが、このCMのターゲットは白人の女子です。さて、ここから一気に新しいものを。

ダイアナ・クラール


レクサス(2007年)のCM。姐さん、カッコいいっす。

クインシー・ジョーンズ

「グーグル・プレイ・ミュージック」のCM。息子と一緒に、ケンドリック・ラマーの曲を聴きながら…。

ちなみにクインシーは、ファレル・ウィリアムスやDr.ドレーとも(ビールのCMで)共演。

“豪華メンバー”といえば、こっちも。


ニューヨークのラジオ局「Cd 101.9」のCM。1988年。ボビー・マクファーリン、アル・ジャロウ、ハーブ・アルパート、マイルス・デイヴィスが出演。マイルスはこの3年後に他界しますが、没後にCM出演というこんなパターンもあります。

セロニアス・モンク


ナイキ(1996年)のCM。シカゴ・ブルズ在籍時のスコッティ・ピッペンとモンクのコラボ。

ジョン・コルトレーン


ジープ(1993年)グランドチェロキーのCM。まさか死後にクルマのCMに出るなんて、本人は想像もしなかったことでしょう。