マーク・プリチャード『Under The Sun』

文/河村祐介

2016.06.25

タイトル
Under The Sun
アーティスト
マーク・プリチャード
レーベル
Warp Records/Beat Records
発売日
2016.05.13

iTunesAmazon

1990年代はトム・ミドルトンとのグローバル・コミニケーション/リロードなどの名義でテクノやエレクトロを牽引。さらに2000年代に入ってからはラテン・ブロークンビーツなトラブルマン。そしてハーモニック313名義やスティーヴ・スペーシックとのアフリカ・ハイテックでビート・ミュージックやベース・ミュージックを、というまさにUKのダンス・カルチャーの再前衛に立ち続けるマーク・プリチャード。本作はそんな20年にも及ぶ彼のキャリアで初のソロ・アルバムとなる。本名名義でのここ最近といえばジャングル/ジュークに傾倒した作品をリリースしていたが、本作では最近彼が見せてこなかったアンビエントやエクスペリメンタルな電子音楽家としての側面を発揮。クラスター初期や、ヴァンゲリス『ブレイドランナー』などなど、彼が影響を受けてきたであろう、テクノ以前の電子音楽を彷彿とさせるシンセ・サウンドによる静寂な世界観が本作には横たわっている。トム・ヨークやビビオ、アンチ・ポップ・コンソーティアムのビーンズなどが参加。

■Beatink
http://www.beatink.com/Labels/Warp-Records/Mark-Pritchard/BRC-511/

トラックリスト

01. ?
02. Give It Your Choir feat Bibio
03. Infrared04. Falling
05. Beautiful People feat Thom Yorke
06. Where Do They Go, The Butterflies
07. Sad Alron
08. You Wash My Soul feat Linda Perhacs
09. Cycles of 9
10. Hi Red
11. Ems
12. The Blinds Cage feat Beans
13. Dawn Of The North
14. Khufu
15. Rebel Angels
16. Under The Sun
17. In Stillness / Light Bodied (Bonus Track for Japan)

RANKING人気の記事

PICKUP EVENTオススメのイベント