2019.10.23

電子楽器の歴史をふり返る『電子楽器100年展』が国立科学博物館で開催

電子楽器の歴史をふり返る『電子楽器100年展』! 国立科学博物館で開催

電子楽器の誕生から100年。その歴史をふり返る企画展『電子楽器100年展』が、12月3日(火)〜15日(日)にかけて、東京・上野公園の「国立科学博物館」にて開催される。

世界初の電子楽器と言われるテルミンの発明から100年。同展では、電子楽器が辿った歴史的変遷を、貴重な展示品や音と映像でふり返る、“今だけ、ここだけ”の企画展となる。

展示の内容・詳細については、下記ホームページ上で随時発表していくという。

【イベント詳細】
『電子楽器100年展』
http://www.kakehashi-foundation.jp/activity/concert/20191203/

■開催場所:国立科学博物館(東京・上野公園)他
■開催期間:2019年12月3日(火)~2019年12月15日(日)
■開館時間:午前9時~午後5時(金・土曜は午後8時まで)
※入場は各閉館時刻の30分前まで
■休館日:12月9日(月)※開館時間や休館日等は変更になる場合があります。
■公式サイト等(https://www.kahaku.go.jp/)でご確認ください
■料金:博物館の常設展示入館料のみでご覧いただけます。
一般・大学生:630円(団体:510円)
高校生以下および65歳以上:無料