2019.11.22

【全曲試聴可!!】グラミー賞 2020 “ジャズ部門”ノミネート作品すべて集めました

【ジャズ・カテゴリ 全5部門】
●「ベスト・インプロバイズド・ジャズ・ソロ」候補作品
●「ベスト・ジャズ・ボーカル・アルバム」候補作品
●「ベスト・ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム」候補作品
●「ベスト・ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム」候補作品
●「ベスト・ラテン・ジャズ・アルバム」候補作品

 

ベスト・ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム

● Best Jazz Instrumental Album(最優秀ジャズ〈インスト〉アルバム賞)
ボーカルを使わず、楽器演奏(インストゥルメンタル)で構成されたジャズのアルバムが対象。原則として、新録されたインストゥルメンタル演奏の割合がアルバム全体の51パーセント以上を占めていることが条件。ジャズ部門の中でもっとも歴史が古く、権威ある賞。現在のところ最多受賞者はチック・コリア。

『In The Key Of The Universe』
ジョーイ・デフランセスコ


『The Secret Between The Shadow And The Soul』
ブランフォード・マルサリス・カルテット


『Christian McBride’s New Jawn』
クリスチャン・マクブライド


『Finding Gabriel』
ブラッド・メルドー


『Come What May』
ジョシュア・レッドマン・カルテット

 

>>「ベスト・ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム」候補作品はこちら

 

1 2 3 4 5