2019.11.22

【全曲試聴可!!】グラミー賞 2020 “ジャズ部門”ノミネート作品すべて集めました

【ジャズ・カテゴリ 全5部門】
●「ベスト・インプロバイズド・ジャズ・ソロ」候補作品
●「ベスト・ジャズ・ボーカル・アルバム」候補作品
●「ベスト・ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム」候補作品
●「ベスト・ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム」候補作品
●「ベスト・ラテン・ジャズ・アルバム」候補作品

 

ベスト・ジャズ・ボーカル・アルバム

● Best Jazz Vocal Album(最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞)
ボーカル楽曲をメインにして作られたジャズ・アルバムが対象。原則として、新録されたボーカルの割合がアルバム全体の51パーセント以上を占めていることが条件。

『Thirsty Ghost』
サラ・ガザレク


『Love & Liberation』
ジャズメイア・ホーン


『Alone Together』
キャサリン・ラッセル


『12 Little Spells』
エスペランサ・スポルディング


『Screenplay』
ザ・ティアニー・サットン・バンド

 

>>「ベスト・ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム」候補作品はこちら

1 2 3 4 5