投稿日 : 2020.04.17

#気分転換にコーヒーを淹れながら聴きたい曲【#ARBAN音楽大喜利】

ARBAN音楽大喜利、

ARBANが投げかけるお題に対して、皆さんの選曲をTwitterで募集する「#ARBAN音楽大喜利」。おかげさまでじわじわと盛り上がっております。ありがとうございます!

新たなお題は「#気分転換にコーヒーを淹れながら聴きたい曲」

上記のハッシュタグに「#ARBAN音楽大喜利」を追加して、思いつくまま自由に選曲&Twitterでつぶやいてください。どんなジャンルでも構いません!

ちなみに編集部が思い浮かべたのはこんな曲でした

Paula Morelenbaum, Joao Donato
「Cafe Com Pao (Jodel)」
ブラジル音楽界の偉人、ジョアンドナートの曲です。曲調もカフェ的で気分転換に最適。歌詞は「パンとコーヒー。シンプルでありふれた組み合わせ。男と女も同じよね。私たちふたりの関係も、とても自然でいい感じ」みたいな内容です。


山野ミナ
「Never be alone」
ポップ&ポジティブ、注目のシンガーソングライター 山野ミナさんからの一曲。心を浮き立たせるようなスウィング感がクセになります。「もうひとりじゃない」という明るい気分にさせてくれるサビもいいですよね。


blur
「Coffee and TV」
こちらはカフェというよりダイナーで流れていそうな曲。歌詞は男が女にすがる内容で、サビは「俺にコーヒーとテレビをくれ。人づきあい(人と会うのは)はもうたくさんだ。このクソな世界から俺を救ってくれよ」なんてことになっていて、今の状況と皮肉にもシンクロしています。MVもキュートです。


#ARBAN音楽大喜利とは?

これまで、
#自宅待機で会えない大切な人におはようの一曲
#医療従事者の方々へ感謝の一曲
というお題でたくさんの方が選曲&つぶやいてくれています。ありがとうございます! 上記のお題も引き続き募集しています。

ARBAN音楽大喜利、いま届けたい音楽世界中が不安のなかで生きています。
でも、ホッとしたり、ふふっと笑ったり、オシッ!と気合いを入れたり、
ポジティブでハッピーな時間があってもいい。ときにはネガティブになってもいい。

「音楽」はいつだって僕らの喜怒哀楽やターニングポイントに寄り添ってくれるものだから。
ここではないどこかに連れて行ってくれるものだから。

そんな音楽の力を使ってワイワイやりながら楽しみたい!
ということで、「#ARBAN音楽大喜利」という広場でお会いしましょう。