9/15(土)~9/17(月・祝)にて開催! 「金沢JAZZ STREET」の歩き方

取材・文/富山英三郎

2018.08.22

スペシャルアーティストとしてスティーブ・ガッド・バンドが登場するだけでなく、地元金沢出身のKan Sanoをはじめ、黒田卓也、H ZETTRIOなど、若手を中心としたライブが話題の『金沢JAZZ STREET』。そんな注目のフェスが、今年も9/15(土)~9/17(月・祝)のシルバーウィークに開催される。しかも、今年は10周年というアニバーサリー・イヤー! ここでは同フェスの見どころを徹底調査。記事の最後にはチケットプレゼントもあります!!

幅広い層にジャズの奥深さを知ってほしい

北國新聞赤羽ホール(約500人収容)と石川県文教会館(約600人収容)でおこなわれる有料ライブを中心に、市内約20箇所に設置されたステージで130以上のバンドが無料で楽しめる『金沢JAZZ STREET』。 9/15(土)~9/17(月・祝)の開催が迫るなか、同イベントのプロデューサーである新谷美樹夫氏と共に、見どころを紹介していきたい。

まず気になるのは、いま話題の若手アーティストを中心としたラインナップとなっている点だ。

「世界的な潮流として、ファッション感度の高い若者を中心に、ジャズテイストなものを愛聴している人が増えていますよね? そこで、昨年からはそういう方々にも興味を持っていただけるような、また往年のジャズファンにも楽しんでいただけるようなラインナップに変わり始めています。幅広い層にジャズの奥深さを知ってほしいと思っているんです」

各会場や観光スポットが徒歩20分圏内

スティーブ・ガッド・バンドがやってくるのも驚愕だが、黒田卓也、Kan Sano、MURO、H ZETTRIO、fox capture plan、類家心平率いるRS5pb、桑原あいというラインナップを見れば、「観光ついでに行ってみようかな」という気持ちがふつふつと湧いてくる。

「兼六園や金沢21世紀美術館といった観光スポットもありますし、近江町市場では海の幸から山の幸まで堪能することができます。また、金沢蓄音器館などを訪れるのも面白いかもしれません」

市内には『街角ライブ』と呼ばれるステージを無料で観覧可能。特設会場や施設内を含め約20箇所も設置され、全国から応募されたバンドが130以上もライブをおこなう。しかも、どこに行くにも徒歩20分圏内というのが魅力だ。

「金沢駅の構内にもステージを設け、そこを玄関口として市内いたる所でライブを鑑賞できます。街角ライブのメイン会場となるのは『いしかわ四高記念公園』。ここではたくさんの飲食ブースが出店していますので、金沢の美味しい食べ物をツマミにドリンク類を楽しむことができます」

また、『尾山神社場内』はカクテルなどを楽しみながらおしゃれに鑑賞できるエリアだとか。

「金沢らしい景観のなかで楽しめるスポットでもありますよ。一方で、『新天地・特設ステージ』があるエリアはカウンターだけの小さい飲み屋が集まっているような繁華街ですので味わい豊かです。ここは毎年夜遅くまで盛りあがっています」

はじまりは子ども向けのジャズ講座だった

エリアやステージごとにカラーが違うため、散策しながら自分にとって居心地のいいスポットが見つけられるというのが『金沢JAZZ STREET』の醍醐味。しかも、金沢名物を頬張りながら楽しめるというのも大きな魅力だ。ところで、今年で10周年を迎える同フェスはどのように生まれたのだろうか?

「金沢市民芸術村という文化施設があるのですが、そこでは15年前から子ども向けのジャズ講座を開いているんです。その活動が当時の市長の目に留まり、街の活性化を目指してジャズフェスを開催しようということになりました。ちなみに、9/17(月・祝)に登場するkan Sanoは高校生のときに芸術村でピアノを弾いていました。彼のように地元出身で頑張っている人を応援したいですし、また街全体が盛り上がればいいなと思っています」

金沢に新幹線が通った3年前からは来場者数も急増。近年は10万人を超えるというビッグイベントに成長している。また、『金沢JAZZ STREET』は音楽を通じた青少年の育成事業という側面もあるため、『ジュニアジャズサミット』というプログラムも開催。これは石川県内のジュニア・ジャズバンド4団体に加え、全国から4団体が集まり、サミット、ワークショップ、コンサートなどがおこなわれる。また、『学生ビッグバンドカーニバル』と名付けられた大学ビッグバンドが集うイベントもおこなわれる。

「シルバーウィークということもあり、ホテルは早めに予約されることをおすすめします。服装はTシャツに一枚羽織る程度で過ごしやすいですし、全国からジャズミュージシャンが集まるので、市内のライブハウスなどでは深夜までセッションで盛りあがったりと一日中楽しめると思います」


金沢JAZZ STREET 2018

〜北國新聞赤羽ホール〜

■2018年9月15 日(土)
[学生ビッグバンド・カーニバル]
開場/13:30 開演/14:00
出演/国立音楽大学 Newtide Jazz Orchestra、東京工業大学 Los Guaracheros、東京大学 Jazz Junk Workshop、早稲田大学 High Society Orchestra、大阪大学 The New Wave Jazz Orchestra、金沢大学 Modern Jazz Society ゲスト/GENTLE FOREST JAZZ BAND、Drew Zaremba(SAX,Organ・Northern Colorado 大学教授)
料金/前売り2000円(全席自由)、当日2500円(全席自由)
※3歳以下入場不可
■2018年9月16 日(日)
[桑原あい ソロピアノ Special Live]
開場/15:30 開演/16:00
出演/桑原あい
料金/前売り3000円、当日3500円
※3歳以下入場不可
[STEVE GADD BAND Special Live]
開場/18:30 開演/19:00
出演/Steve Gadd(Dr)、Michael Landau(Gt)、Jimmy Jonson(Ba)、Kevin Hays(Pf)、Walt Fowler(Tp)
料金/前売り6000円、当日6500円
※3歳以下入場不可
■2018年9月17日(月・祝)
[JAZZ TRIBE ~Finding Future~]
開場/16:00 開演/16:30
出演/黒田卓也、Kan Sano、MURO
料金/前売り5000円、当日5500円
※3歳以下入場不可

〜石川県文教会館〜

■2018年9月16 日(日)
[INTERNATIONAL JAZZ STAGE]
開場/13:30 開演/14:00
出演/ハクエイ・キム Trisonique(韓国)、伊藤君子・片倉真由子トリオ(日本)、Shootin’Chestnuts (フランス ナンシー市)、Dr . JAZZ (ロシア イルクーツク市)
料金/前売り2000円、当日2500円
※3歳以下入場不可
■2018年9月17日(月・祝)
[SPECIAL LIVE]
開場/12:30 開演/13:00
出演/H ZETTRIO、fox capture plan、RS5pb(RUIKE SHINPEI 5 piece band)
料金/前売り5000円、当日5500円
※3歳以下入場不可

金沢JAZZ STREET 2018の詳細はこちら
https://kanazawa-jazzstreet.jp/

★チケットプレゼント★
2018年9月16日(日)におこなわれる『桑原あい ソロピアノ Special Live』のチケットを2名2組様に、同じく2018年9月16日(日)におこなわれる『INTERNATIONAL JAZZ STAGE』 のチケットを2名2組様にプレゼントいたします。
ご希望の方は、以下の「プレゼント応募フォーム」に必要事項および、「その他にご要望があればご自由にお書き下さい」の欄観覧希望ライブ名をご記入の上ご応募ください。
*応募の締め切りは2018年8月29日(水)
当選の発表は発送をもって代えさせていただきます。

関連記事