スイス「モントルー・ジャズ・フェスティバル 2019」の出演者が発表

2019.04.09

今年で53回目を迎えるスイス「モントルー・ジャズ・フェスティバル」(以下MJF)の2019年ラインナップが日本時間4月9日(火)に発表された。

同フェスは、スイス・レマン湖のほとりの街モントルーを舞台に、1968年より開催されてきた都市型の音楽フェスティバル。これまでジャズにとどまらず、ロック、ソウル、プップスなど様々なミュージシャンを招聘し、音楽の多様性を説いてきたことでも知られている。

例年は、3つのステージ(MONTREUX JAZZ CLUB/AUDITORIUM STRAVINSKI/MONTREUX JAZZ LAB)で展開されてきたが、今年はメイン・アクトとなるエルトン・ジョンの公演のみ会場を同市内のソーサーズ・スタジアムに移して開催することも決定。スタジアム・クラスのホールでの開催は、MJF史上初めての試みとなる。

その他の日程も、クインシー・ジョーンズを筆頭にジャネット・ジャクソン、スティング、トム・ヨーク、イヴァン・リンス、チック・コリアなど、豪華な顔ぶれがずらりと並んでいる。

注目の開催は2019年6月28日〜7月13日の16日間。

「モントルー・ジャズ・フェスティバル 2019」公式サイト
https://www.montreuxjazzfestival.com/