2019.05.17

ドイツ・ベルリンで「東京のジャズ喫茶」をテーマにした写真展

ドイツの首都ベルリンで、東京のジャズ喫茶やバーにフォーカスした写真展『Tokyo Jazz Joints』が6月7日から29日にかけて開催される。

同展は、東京のジャズ・シーンに関する情報サイト「Tokyo Jazz Site」を運営するJames Catchpoleと、東京で活動していた写真家Phillip Arneillによるコラボ企画。2015年の初開催以降は、北米やアジア諸国でも開催され、各国メディアからも注目を集めている。

Catchpole氏は、「このプロジェクトが始まってから、我々が撮影してきた多くのジャズ喫茶は閉店してしまった。この流れはさらに続いてしまうし、時間は迫っている。“生けるミュージアム”が永遠に消え去ってしまう前に、我々は現存するジャズ喫茶を記録していく」と述べている。

今回の会場は、日本のジャズ喫茶から着想したというベルリン市内のジャズ喫茶「Rhinoçéros」。店内には「B&W(Bowers&Wilkins)」の1976年製のスピーカーや、マイクロ精機の1981年製ターンテーブル、70年代のクアッド・アンプ&プリアンプが設置されている。

会期中は、ゲスト・セレクターたちによって選ばれたレコードが再生されるほか、ライブ・パフォーマンスも予定されているという。

「Tokyo Jazz Joint」詳細
http://www.tokyojazzjoints.com/rhino