ボン・イヴェール『Bon Iver(Japan Tour Limited Edition/来日記念盤)』

文/定成寛

2016.02.26

タイトル
Bon Iver(Japan Tour Limited Edition/来日記念盤)
アーティスト
ボン・イヴェール
レーベル
Jagjaguwar/Hostess
発売日
2016.02.03

Amazon

世界中の音楽ファンを魅了した2011年の傑作が、スタジオ・セッション音源を追加してリイシューされた。シンプルな音色で儚いディレイのかかったエレクトリック・ギター、音数の少なさが逆に広大な平原を感じさせるバンド・アレンジ。私が思い出したのはジョニ・ミッチェルの名盤『逃避行(Hejira)』(1976年)の音像空間と、彼女が雪原に佇むジャケットだった。セカンド・アルバムにしてジョニの歴史的名盤に近い印象を残したボン・イヴェール。それは本作の制作背景と無縁ではないだろう。レコーディングはアメリカ中西部ウィスコンシン州の田舎町フォールクリーク、中心人物ジャスティン・ヴァーノンのホームタウンで行われた。州のどこにも山がなく、それでいて冬は雪に閉ざされる。そんな場所で創られた自分を見つめる音楽。都会では生まれ得ない、遥か地平線までも感じさせるサウンドだ。インディーズ作品ながらグラミー賞最優秀新人賞と最優秀オルタナティヴミュージック・アルバム賞を受賞した奇跡の一枚。

■Hosstes
http://hostess.co.jp/boniver/

トラックリスト

[Disc 1]
1. Perth
2. Minnesota, WI
3. Holocene(第54回グラミー賞「最優秀レコード」、「最優秀楽曲賞」ノミネート曲)
4. Towers
5. Michicant
6. Hinnom, TX
7. Wash.
8. Calgary
9. Lisbon, OH
10. Beth/Rest

[Disc 2 / Bon Iver at AIR Studios (Jagjaguwar/4AD Session)]
1. Hinnom, TX
2. Wash.
3. I Can’t Make You Love Me
4. Babys
5. Beth/Rest
※Disc 2は来日記念盤のみ

RANKING人気の記事

PICKUP EVENTオススメのイベント