投稿日 : 2020.10.09

【みゆな インタビュー】「元気を出そう」より「苦しいものは苦しいよね」という肯定 ─ 18歳のシンガーが語る、虚飾のない自分

取材:池上尚志 撮影:藤川一輝、平野明

現在18歳、宮崎県在住の高校3年生というシンガー・ソングライターのみゆな。初めてギターを手に取ったのが中学3年で、本格的に音楽活動を始めたのはほんの2年前だ。しかし、その作品を聴けば一瞬で何かが違うことに気づくはず。表現力、詞作の着眼点、新しさと古さをミックスした作曲のセンスなど、他者にない「何か」を持っている。それでいてインタビューに現われたみゆな本人は写真で見るクールな印象とは異なり、言葉の端々にユニークな表現を交える魅力的なキャラだった。

ニュー・アルバムは、いろいろな人への「お返し」

──現在高校三年生、卒業したら東京に出てくる予定ですか?

そのつもりです。でも考えが変わりがちな性格なので、やっぱ宮崎残ろうかな~って思うかもしれないし、もしかしたらオーストラリアへ行ってるかもしれない(笑)。でも、自分がいちばん安心するのはやっぱり宮崎かなって思います。宮崎の地に立つと「ここが家だ」って思うし、また東京に行く時に頑張ろうって思える。

──みゆなさんから見た東京は、どのように見えていますか?

子供の頃に来た時は、空気が汚いな~って(笑)。でも……私、文章を書くのが好きで、歌詞とは別にいろいろ書いているんですけど、東京にいる時の方が早く書けるし、執筆する頻度も高い気がします。分からないことだらけの所に足を踏み入れるから、余計に言葉が浮かんでくるのかもしれませんね。

──最新曲の「あのねこの話」、読みは「あのね・この話」か「あの・ねこの話」……どちらでしょう?

これは、わざとダブル・ミーニングになるように平仮名にしたんです。だからどちらも正解。同郷のミュージシャン、クボタカイくんとの共作なんですが、2人で持ち寄った歌詞をパズルみたいに合体させています。ある時、クボタくんが私のことを「海辺のノラ猫みたいだよね」って言ったんですよ。私は自分を犬だと思っていたのでなんか嬉しくって、それで猫のテイストが入ってます。

──コロナによる自粛期間はなにをしていましたか?

ここ3ヶ月くらいはずっと宮崎にいて、やっと学校にもちゃんと行けるようになりました。コロナになる前は東京などでライブをしていたんですけど、最近は自宅で曲を作ったりして過ごしています。

──普段はどんなことを考えて曲を作るんですか?

私は「傷」をきっかけに曲を作るタイプ。歌う時に思い出しちゃうから、本当のことはあまり書かないようにしてるんです。その分、誰かのことを分かってあげたくて。「元気を出そう!」って言うより、一緒に落ちてあげるっていうか、「苦しいものは苦しいよね」という感じの曲が多いですね。逆に、恋愛系やふわふわな楽曲は、頭の中で小説を書くみたいに登場人物を作って書いてるので、実体験とは限らないかな。

──AmPm*とコラボした「プリズム」は、打ち込みのトラックが特徴的です。

私がどこを目指していきたいのかって、実はまだ確定していなくって。だからこそいろいろなジャンルに挑戦して、少しずつ階段を上っていかなきゃって思う。「プリズム」はAmPmさんがサウンドを提供してくださったので、私がその上から歌詞を書いたんですけど、そこに染まっていく形で、いつもとは違うテンション感で曲と向き合うことができました。異なる音楽に触れるたびに、違う自分に巡り合ってるような気持ちでドキドキします。

*2017年にデビューした日本人2人組による覆面ユニット。デビュー曲「Best Part of Us」が世界中で話題となり、同年インドネシアで開催されたSpotify主催のライブに日本代表として出演するなど、国内外で活躍している。

みゆなをフィーチャーしたAmPmの「プリズム」は、TVアニメ「フルーツバスケット」2ndシーズンのオープニング・テーマに採用された。

──こうして話している姿と、アーティスト写真のクールな佇まいとは、すこしイメージが違いますね。

例えば、家族に接する自分と友達に接する自分って違うじゃないですか。人と話しているとこういうテンションになるけども、1人の時は「怖くて声をかけられない」って言われることも(笑)。写真を撮る時に笑うのが苦手なこともありますが、どちらも本当の自分なんですよ。

──10月28日に出る3rdミニ・アルバム『reply』について教えていただけますか。

全8曲入りなんですけど、1曲ごとにジャンルが違ってて。そのギャップに震えながらも、またライブが楽しみになるような作品になっていると思います。コロナの中でいろいろな方に動いていただいて、「reply」ってお返しするって意味なので、それを受け止めていただけたら嬉しいなって思います。

みゆな
宮崎県在住、高校三年生の女性シンガー・ソングライター。2018年より地元のストリートなどで音楽活動をスタートさせると、同年にはa-nation 長崎公演に出演。2019年に1stミニ・アルバム『眼』をリリースし、YouTubeによる「Artists to Watch 2019 ~注目の新人~」に選出、、初のワンマンツアーを全公演ソールドアウトさせるなど躍進を続ける。10月28日には最新アルバム『reply』を発売予定。
みゆなオフィシャルサイト
https://www.miyunamiyuna.com/
Instagram
https://www.instagram.com/miyuna_miyuna/


ライブ配信イベント『MUSIC GATE』


2020年8月にスタートした、ライブ配信イベント「MUSIC GATE」。さまざまなジャンルの “注目ミュージシャン”たちがライブパフォーマンスを生配信(ライブ後1週間はアーカイブ動画の聴取も可能)。さらにアーティストのインタビュートークなども披露される。次回は10月の開催を予定。出演者などはオフィシャルサイトでチェック。

https://live-gate.jp/

ARBAN読者プレゼント
みゆなのサイン式紙をARBAN読者1名にプレゼント!
希望の方はARBANの公式Twitter(@Arban_mag)をフォローし、キャンペーンツイートをリツイートしてください。
【応募期間】 2020年10月9日(金)〜2020年10月23日(金)まで
*当選された方には、ARBANのアカウントからDMでご連絡差し上げます。当選者の発表は、発送をもってかえさせていただきます。