2019.06.28

ソニー「ウォークマン」発売40周年記念プロジェクトが「Ginza Sony Park」で開催!歴代機230台も展示

1979年7月1日は、ソニー「ウォークマン」が発売された日。それからちょうど40年目にあたる2019年7月1日(月)。2か月間にわたってウォークマンの記念プログラム #009 WALKMAN IN THE PARK が開催される。場所は東京・銀座の「Ginza Sony Park」。

音楽は「屋内で楽しむもの」という常識を覆し、外に持ち出して音楽を楽しむ“パーソナルな音楽体験”という新たな道を拓いたウォークマン。同イベントでは、多様に変化してきたウォークマンの軌跡と、それに寄り添い歩んできたにフォーカスした、さまざまな音楽体験プログラムが催される。

歴代ウォークマン約230台を集めた「Walkman Wall

B4フロアの壁面に横幅約6メートルにわたって、1979年からの歴代ウォークマン 230台を一挙に展示。当時を想い出す懐かしい機種から、最近の機種まで、デザインや仕様、メディアの変化を一気に楽しめる。

展示場所: PARK B/地下4階

※B4フロアのイベント時にはご覧いただけない場合があります。

アーティストによるカスタマイズ・ウォークマン「Custom Walkman

Ginza Sony Parkがもつ余白スペースでは、アーティストが自由にカスタマイズしたウォークマンを期間限定で展示。7月1日(月)からの第1弾アーティストは、ミニ四駆のドレスアップステッカーを用いたアート作品を生み出す「Funny Dress-up Lab」(展示は定期的に変更になる予定)

展示場所: PARK B2/地下2

著名人40人がウォークマンの思い出を語る「My Story, My Walkman

1979年から現代までを1年ごとに区切り、サカナクション・山口一郎など、実際にウォークマンを愛用していた各年代の著名人(総勢40名)の思い出とともに、当時聴いていた楽曲をその年のウォークマンで実際に楽しむことができる。

展示場所: PARK B/地下1階~PARK B3/地下3


また、先日Red Bull Musicが公開したドキュメンタリー『世界を変えた日本の音楽テクノロジー』では、“世界の音楽環境に革命を起こした日本製品”として、テクニクスの「SL-1200」とともにウォークマンが紹介されている。

開催概要
開催期間: 201971日(月)~91日(日)
開催時間: 10:0020:00 ※71日(月)は17:00から一般公開
会場: Ginza Sony Park PARK GL/地上フロア~ PARK B4/地下4
料金: 入場無料
URL: https://www.ginzasonypark.jp/program/015/

SNSアカウント:@ginzasonypark (instagram, twitter, facebook)  #ginzasonypark #walkmanpark
主催: Ginza Sony Park、ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ株式会社