パット・メセニー『The Unity Sessions』

文/熊谷美広

2016.06.10

タイトル
The Unity Sessions
アーティスト
パット・メセニー
レーベル
WARNER MUSIC JAPAN
発売日
2016.05.11

iTunesAmazon

パット・メセニー率いる“ユニティ・グループ”が、2014年12月に行なったスタジオ・ライブの模様を収録したアルバムで、昨年リリースされた映像作品のCD版(曲順などは変更されている)。2014年10月の来日公演では、壮絶なライブ・パフォーマンスを展開してファンを圧倒した彼らだが、その直後のレコーディングとあって、あの高いクォリティと熱さがそのまま継続されている。前身だった“ユニティ・バンド”は、アコースティックなジャズ・カルテットという感じだったが、キーボードやボーカルを担当するジュリオ・カルマッシが参加し、さらにパットのもうひとつのプロジェクトである自動演奏装置“オーケストリオン”の縮小版“オーケストリオニクス”を導入することによって、“どんな音楽”でもできるグループへと昇華した。かつてのパット・メセニー・グループのようなサウンドから、ゴリゴリのアコースティック・ジャズ、アヴァンギャルドなアプローチ、ワールド・ミュージックのテイストなど、パットがこれまで展開していたさまざまなサウンドが一か所にまとまってきたかのような、彼のひとつの集大成ともいうべき作品だ。

■オフィシャルサイトURL
http://wmg.jp/artist/pat_metheny/WPCR000017272.html

トラックリスト

Disc 1
1. Adagia
2. Sign of the Season
3. This Belongs to You
4. Roof Dogs
5. Cherokee
6. Genealogy
7. On Day One
8. Medley: Phase Dance/Minuano/Praise/As It Is/Omaha Celebration/Antonia/This Is not America/Last Train Home

Disc 2
1. Come and See
2. Police People
3. Two Folk Songs(#1)
4. Born
5. Kin
6. Rise Up
7. Go Get It

RANKING人気の記事

PICKUP EVENTオススメのイベント