甲田まひる a.k.a. MAPPY(ジャズピアニスト/ファッショニスタ)が選ぶ “2018下半期”ベストディスク

2018.12.24

あの人が選ぶ“2018下半期”ベストディスク

甲田まひる a.k.a. MAPPY
[ジャズピアニスト/ファッショニスタ]
-PROFILE-
2001年5月24日生まれ。小学6年生の時に始めたインスタグラムをきっかけにファッションスナップサイトでブロガーデビュー。同じころ、様々な雑誌のストリートスナップにも登場。ファッションアイコンとして業界の注目を集め、東京コレクションのフロントロウに招待される。以降、ファッション誌の連載やモデルとしても活躍。2017年から都内のライブハウスを中心にジャズピアニストとしての活動を開始。2018年5月にメジャーデビュー。

甲田まひるが選んだ3枚

1.
Kreva
『存在感』

このアルバムが出た夏、トラックのやばさと、中毒性のある歌詞が耳から離れない”存在感”をヘビロテしました。全曲シングルカットを集めたようなクオリティ。過去の作品から現在まで、時代にリンクさせつつも自分の音楽は絶対にブレさせない、常に唯一無二なサウンドです。

2.
Anderson Paak
『Oxnard』

Madlib、9th wonder、Dr.dre、J cole、Q-tip、Kendrick lamar、Chris dave…と、プロデューサーから参加ミュージシャンに至るまで私の好きな人づくし。フレッシュでまた一歩先を行くアンダーソンの新作は、聴かない理由がないです。

3.
Nas
『NASIR』

Nasの良い意味で変わらないラップと、カニエのテクニックの光るかっこいいトラックが組み合わさって、完全好みの音色。そして懐かしい雰囲気漂うアルバムでした。イランのサイケロックをネタに使ったり、哀愁漂うメロディアスな曲や、ジャジーな匂いもあり、最高ですね。

 

お知らせ
甲田まひる a.k.a. Mappy
デビューファーストアルバム『PLANKTON』(ソニー・ミュージックダイレクト)発売中!

関連記事