ピーター・バラカン(ブロードキャスター)が選ぶ “2018下半期”ベストディスク

2018.12.24

ピーター・バラカン
[ブロードキャスター]
-PROFILE-
1951年8月20日ロンドン生まれ。ロンドン大学日本語学科卒業後、74年に来日。シンコー・ミュージック国際部入社、著作権関係の仕事に従事する。80年、同退社後、執筆活動やラジオ番組への出演などを開始。また80年から86年までイエロー・マジック・オーケストラ、のちに個々のメンバーの海外コーディネーションを担当。 84年、TBS-TVのミュージック・ヴィデオ番組『ザ・ポッパーズMTV』の司会を担当。88年、TBS-TV『CBSドキュメント』(アメリカCBS制作番組60 Minutesを主な素材とする、社会問題を扱ったドキュメンタリー番組)の司会を担当。2010年、TBS系列のニュース専門チャンネル『ニュースバード』に移籍し、番組名も『CBS 60ミニッツ』に変更。2014年3月まで司会を務める。 現在も放送番組の制作、出演のほか、執筆や音楽フェスティバルの監修なども手がける。
http://peterbarakan.net/

ピーター・バラカンが選んだ3枚

1.
Anna Maria Jopek & Branford Marsalis
『Ulotne』

クラシックやフォークの背景もあり、ジャズ歌手とは限定できないものの、これまでアメリカなどのジャズ・ミュージシャンとの共演があるアンナ・マリア・ヨペクは今回ブランフォード・マーサリスと連名のアルバムを制作。歌と絡む時のブランフォードのソプラノ・サックスの演奏は実に美しく、2人の相性も抜群です。

2.
David Crosby
『Here If You Listen』

70代後半に入ったデイヴィッド・クロズビーはここ数年ノリに乗っていい作品を毎年出していますが、その中でもこの新作はすごい。スナーキー・パピーのマイケル・リーグ、そして若手女性シンガー・ソングライターのベカ・スティーヴンズとミシェル・ウィリスを加えたグループとして、スタジオで作曲しながらつくったそうですが、完成度は非常に高い。

3.
Steinar Raknes
『Chasing The Real Things』

ノルウェイのウッド・ベース奏者スタイナー・ラクネスはジャズ寄りの活動の傍ら、アメリカーナ的な雰囲気のソロ作も作り、その3作目がこれです。オリジナルとカヴァーの見分けがつかないほど本格的な曲を作る人ですし、歌声はトム・ウェイツを彷彿させるもの。ミニマルなサウンドに引き込まれてしまうとても魅力的な音楽です。

関連記事