島田奈央子(音楽ライター/プロデューサー)が選ぶ “2018下半期”ベストディスク

2018.12.24

あの人が選ぶ“2018下半期”ベストディスク

島田奈央子
[音楽ライター/プロデューサー]
-PROFILE-
ジャズを中心にレビューやインタビュー記事を執筆するほか、CDの解説を数多く手掛ける。自らプロデュースするジャズ・イベントを開催しながら、新しいジャズの聴き方や楽しみ方を提案。著書『Something Jazzy 女子のための新しいジャズ・ガイド』により、“女子ジャズ”ブームの火付け役となる。その他、イベントの企画やCDの選曲・監修、プロデュースなど活動は多岐に渡る。

島田奈央子が選んだ3枚

1.
Siril Malmedal Hauge / Jacob Young
『LAST THINGS』

透明感のある音の質感からも北欧を感じるノルウェー出身のヴォーカル&ギターのデビュー作。スタンダードから、ジョン・レノンなどポップスやロックなど、様々なタイプの楽曲を2人の自由で楽しい即興演奏や美しいアレンジによって、お洒落なニュースタイルの音楽を生み出している。私にとって、今年1番の癒しのアルバム。

2.
平井景
『ごろごろ』

日本の風景を感じるオリジナル曲で真っ向勝負。ドラマーでメロディメーカー、平井景の3rd。これまではクラシック要素多めのサウンドだったが、本作はソプラノサックスやトランペットが主張するジャズフュージョン。東欧や北欧ジャズ系サウンドに偏りがちな日本ジャズシーンの最近の流れに、改めて新鮮な風を吹き込んだような作品。

3.
Tudo Joia
『Som Brasil』

今年復刻された作品の中で胸を熱くしたのは、シンガー&ギタリスト、ポリーニョ・ガルシアが在籍したグループ・SOM BRAZILの1984年録音のアルバム。ブラジル音楽に、上質で豪華なジャズサウンド。そこにファンクやアフロ・キューバンのリズム要素が入り、広がりと音の層をさらに厚くする。エリス・レジーナを保沸させる歌も魅力的。

 

お知らせ
島田奈央子 選曲&監修のコンピCD『島田奈央子のTBM ~Something Jazzy』をリリース。Sonyオーダーメイド・ファクトリーのみの販売です。
予約サイト

特設サイト

ご購入者感謝イベント「今夜も大いいトークス」ネット・ラジオ 公開録音とサイン会を開催。
・開催日 1/24(木)
・会場:都内・某特別会場(購入者の方にお知らせします)
・開場:19時 開演:19時20分
※CD『島田奈央子のTBM ~Something Jazzy』を2019年1月21日(月)までにご購入戴いた方にご招待いたします。

関連記事