カート・ローゼンウィンケル/小坂忠with中納良恵(Ego-Wrappin)/ものんくる出演決定! 先行チケット発売スタート【MJFJ2019】

2019.06.07

世界的ビッグフェスの日本版「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2019(MJFJ2019)」、出演アーティスト第2弾が発表された。それに合わせて先行チケットの発売もスタート! 開催は、10月12日(土)・13日(日)・14日(月・祝)の3日間、東京・日本橋 三井ホール。

10月13日(日): カート・ローゼンウィンケル&カイピ フィーチャリング・ペドロ・マルチンス

ブライアン・ブレイド(ds)&ザ・フェロウシップへの参加をはじめ、マーク・ターナー(ts)やジョシュア・レッドマン(ts)との共演。さらには、エリック・クラプトン(g/vo)主催のライブに客演を果たすなど、ジャンルを超えた活躍を見せるカート・ローゼンウィンケル。 今回は2017年に発表した名盤『カイピ』のメンバーを従え、久々の来日。今年 最新作『VOX』をリリースしたペドロ・マルチンスをフィーチャーし、現代ジャズとブラジリアンを自在に行き来してみせる。

10月13日(日):ものんくる

吉田沙良(vo)と角田隆太(b/作詞/作編曲)からなる2人組ユニット。 ジャズを基軸にした独自のサウンドに詩情豊かな日本語詞をミックスした楽曲でシーンの支持を集める。 2017年に発売した『世界はここにしかないって上手に言って』でAmazon、 iTunes、AppleMusicなど各配信チャートのジャズ部門1位を獲得。「FUJI ROCK FESTIVAL ’15」への出演や「BLUE NOTE TOKYO」の単独公演をソールドアウトさせるなど、幅広いリスナーから注目を浴びている。

10月14日(月・祝):小坂忠 with 中納良恵(Ego-Wrappin’)

日本のソウル〜ゴスペル・ミュージックのパイオニアとして知られる小坂忠が、 モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2019のためにスペシャル・バンドを結成。ゲストにEGO-WRAPPIN’の中納良恵を迎え、この日限りのプレミアム・ステージをお届けする。

チケット先行発売もスタート

今回の第2弾の情報公開に合わせ、ローソンチケットにてチケットの先行発売もスタート。 一般発売については、7月の第3弾情報公開時に詳細が発表される。
https://l-tike.com/mjf
※予約受付&Loppi販売期間は6月7日(金)12:00 ~6月16日(日)23:59

モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2019
日程 2019年10月12日(土)、13日(日)、14日(月・祝)
会場:東京・日本橋三井ホール
http://www.montreuxjazz.jp/

本誌連載の『ライブ盤で聴くモントルー』でもお馴染みのモントルー・ジャズ・フェスティバルは、スイス・レマン湖のほとりの街モントルーを舞台に、1968年より開催されてきた都市型の音楽フェスティバル。ジャズに限らず、ロック、ソウル、プップスなど様々なミュージシャンを招聘し、音楽の多様性を説いてきたことでも知られている。

関連記事