ブラン・ニュー・ヘヴィーズが約5年ぶりの新アルバム発表 8月に来日公演も

2019.07.09

アシッドジャズ・ムーブメントを代表するバンドのひとつ、ザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズが、約5年ぶりとなる新アルバム『TBNH』を8月7日(水)に日本先行で発売する(海外は9月6日)。

本作は、彼らの古巣である英ロンドンのレーベル「ACID JAZZレコード」からのリリース。ゲストに米人気プロデューサーのマーク・ロンソンをはじめ、シンガーのアンジー・ストーン、ビヴァリー・ナイト。さらにマイケル・ジャクソンの名曲「Man in the Mirror」のシンガー、サイーダ・ギャレットなども参加している。

現在、マーク・ロンソンのプロデュース曲「These Walls」が先行公開中。

なお、本作リリース直後となる8月10日(土)~8月12日(月)にかけては、新ボーカリストのアンジェラ・リッチとともにブルーノート東京(東京都港区)での公演が決定している。

■リリース詳細(Acid Jazzレコードより)
https://smarturl.it/tbnh_album

■公演詳細
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/the-brand-new-heavies/

ザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズは、英国出身のサイモン・バーソロミュー、ヤン・キンケード、アンドリュー・レヴィによって結成。ジャズ/ファンク/ソウルなど様々な音楽をブレンドし、88年の「Got To Give」でデビュー以降「Never Stop」「Dream Come True」などのメガ・ヒットを次々と世に送り出した。