【ジャズマンのファッション 】第6回「セロニアス・モンクが愛したハット」

取材・文/川瀬拓郎 イラスト/シマジマサヒコ

2018.01.16

現在のハリウッドスターやポップスターがそうであるように、かつてジャズマンはファッションリーダーだった。彼らのスタイルは、その音楽と同様、現代でもさかんに引用されている。本連載では、そんなジャズマンたちが残した名盤とともに記憶された、彼らのファッションについて、さまざまなテーマで考察していきたい。

帽子好きのミュージシャンたち

 昨年末に、イタリアの老舗ハットメーカーであるボルサリーノが、倒産の危機というニュースが入った。どうにか資金援助を得て、ブランド存続の見通しが立ったようだが、今後の再建も一筋縄ではいかないという。ソフト帽の代名詞的ブランドであるボルサリーノが無くなってしまったら、クラシックスタイルを信条とする世のダンディはもちろん、多くのファッション好きにとっても、大きな痛手となることは間違いない。

 改めて考えてみると、ハットのかっこよさを教えてくれたのは、いつもミュージシャンだった。最近ではツバが長い山高帽を被ったファレル・ウィリアムス。目深に被ったファーハットが衝撃的だったジャミロクワイのジェイ・ケイ。カンゴールのハットでおなじみのランD.M.C.。黒いウエスタンハットで雄叫びを上げるモーターヘッドのレミーなどなど……。個性的な帽子とともに記憶されたミュージシャンは、枚挙にいとまがない。

 モダン・ジャズの名盤におけるハットを探してみると、これがまた刺激的で面白い。ポークパイハットでお馴染みのレスター・ヤング。ツバの短いソフト帽を被っていたウィントン・ケリー。その甥であるマーカス・ミラーも大のハット好きとして有名だ。そんな中でも特にハットの達人として挙げるべきは、ソフト帽、ベレー帽、ポークパイ、キャスケット、ハンチング、ニットキャップなどなど、さまざまな帽子を愛用していたセロニアス・モンクだろう。

 1963年発表のアルバム『Monk’s Dream』は、モンクのコロンビア・レコード第一弾作品である。ジャケット写真の彼は、リボン付きのフェルトハットをチェックのジャケットに合わせている。瞳を閉じ、なおかつピントの甘い写真を使ったのは、アルバムタイトルの“夢うつつ”感を表現したのだろうか。ミステリアスな雰囲気である。ブリム(つば)の短い円筒形のこのハットは、ポークパイハット(注1)と呼ばれるもので、額の上にくる正面部分にブローチを付けているのも彼らしい演出なのだろう。ちなみにこのLPは彼の生涯で最も売れた作品となり、リリースの翌年には『TIME』誌(1964年2月28日号)の表紙を飾った。ここでは肖像画が使用されているが、やはり帽子(チロリアンハット)姿だ。

注1:円筒形で天面が平たい形状のハット。その形状が挽肉などを詰めたパイに似ていたことに由来。別名はテレスコープハット。かつてのイギリスでは女性用ハットとして人気だったが1950年代のアメリカで人気が再燃。お決まりの中折れソフト帽に飽き足らぬ洒落者たちが、ポークパイハットを愛用した。

 こうした“モンク生前最大のブレイク期”から遡ること6年前。リバーサイドから発表した『Monk’s Music』(1957年)ではハンチングを着用している。なぜかレッドワゴン(注2)に乗って、手には赤い鉛筆。3つボタンのダークスーツにチェックのハンチング、竹製フレームのサングラスと金メッキの腕時計という、小物のチョイスがじつにエキセントリックだ。タイトルなどを手書き風にしたデザインは、完全に後付けによるアイデアだと予想される。スタイリッシュという点では『Monk’s Dream』に軍配が上がるが、彼の音楽性を考えると『Monk’s Music』の奇天烈さもカッコ良く思えてしまう。

注2:幼児用のワゴン。玩具としてではなく荷物の運搬などでも重宝される。ラジオフライヤー社の製品が有名だが、モンクが乗っているのJCペニーが発売した「Rex 90 ジェットワゴン」。

「ステージ上で帽子」の非常識

「思い入れのある帽子を被ることで、自分がいちばん心地いい状態にして、外界の余計な情報を遮断してくれる。モンクにとっての帽子は、自己埋没感を高めるためのカプセルのような存在だったんじゃないかな」

 そう語るのは、服飾評論家の出石尚三氏である。1960年代からメンズファッションの道に入り、ウイットに富んだコラムや数々の著作で知られるご意見番。帽子についての造詣も深く、帽子のセレクトショップとして知られるoverrideのHPで連載コラムを執筆しているスペシャリストだ。さらにモンクの心理について、出石氏はこうも語る。

「当時、ステージ上で帽子を被るのはマナー違反だったし、白人ジャズマンは決して帽子を被らなかった。でも、モンクは『白人たちのルールなんて関係ないね、だって俺は黒人だし、アーティストなのだから』と思っていたんじゃないかな。そこには黒人ジャズマンとしての誇りがあったのだろうし、典型的なアイビースタイル(注3)を茶化すような反骨心も感じられるのです」

注3:アメリカ東部の大学8校(ハーバード、イエール、プリンストン、コロンビア、ペンシルバニア、ブラウン、ダートマス、コーネル)の学生たちに象徴されるファッション。同8校によるフットボール連盟「アイビーリーグ」に由来。

 そもそも戦前のヨーロッパやアメリカ、そして日本でも、紳士が外出するときは帽子を被るのが当たり前だった。室内に入れば脱帽するという厳格なルールがあり、特に東部アメリカの白人男性は、公私においてマナーにうるさかった。こうした様式やマナーが、アイビースタイルの根本にあるのだ。

「アイビーとは良家の子息で真のエリートであることを証明する着こなし。名門校に進学した彼らは、必ずイギリスに留学して、徹底的に英国流の着こなしやエチケットを叩き込まれ、喋り方まで英国式になるんです。ところが、そんな状態でアメリカに戻ってくると、あまりに“ええかっこしい”なので周囲から浮いて見える。そこで彼らは、ちょっとした照れ隠しというか独自の工夫をした。たとえば、糊の効いたハイカラーのシャツではなくボタンダウンシャツ。ジャケットは英国的なスクエアショルダーではなく、丸みのあるナチュラルショルダー。これを3つボタンの上2つがけ(英国式)ではなく、3つボタンの“中ひとつ掛け”にした」(出石氏)

1 2

RANKING人気の記事

PICKUP EVENTオススメのイベント